留学する人が増えています

最近、留学する人が増えています。

ほとんどは高校を卒業した時点、あるいは大学時代に短期や長期留学します。国際化もあって主にアメリカやオーストラリア、ドイツといった国が多く、英語圏が高い比率です。目的は2つあり、まずは語学力を身に着けたいため、同時に文化も学びます。もう1つは研究のためで、大学を卒業した人が多く、大学での専攻を海外でさらにみがきたいからです。

この場合大学の先生の紹介によるのがほとんどあり、高い語学力を必要とします。私立の高校では、短期留学と呼ばれる数カ月のものがあります。高校で語学を専門にした学生を対象にしています。最近、変わったものには、フィリピン留学があり、静かなブームです。ブームになった理由は、費用がひじょうに安いことです。現地でのマンツーマン方式もあり、けっこう勉強になり、人気が高まっています。

現地の人は温厚で日本人に対して気配りがうまく、かつ日本からの旅費も安いため、私立の大学や専門学校がこの制度を取りいれているところが増えてきました。海外に行くためには早いうちから現地の語学力を必要としますので、現地の言葉を勉強しなければなりません。

語学は一朝一夕で身に付きませんので、目標を掲げて語学の勉強に集中しましょう。留学のため海外から日本にくる人よりも日本から海外に出て行く人の方が多いですし、旅費や現地でのお金が安いため、昔みたいに「りゅうがく」と聞くとヘーッと言っていたのが嘘のようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *