英語圏への留学人気とアジア圏への注目度

留学には短期で完了するものと、大学や各種学校卒業を目指す長期のものがあります。

短期の場合には個人で語学教育を受けることが多く、1週間から数ヶ月程度です。学生・社会人の方が休暇などを利用して参加することが多いです。長期の場合は卒業するまで最低でも3年から5年程度要することになりますので、留学先は総合的に考えて、一般的に人気のある国だからという理由で決めずにある程度調べて決断しましょう。

とはいっても、英語圏の留学先というのは長年同じような国が人気であることも事実です。例えば必ず名前があがる国はアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどです。長年に渡り海外からの留学生の受け入れをしている歴史がありますので、大学の受け入れ体制も確立されています。また、他の国から来ている同世代の学生も多いので、単に勉強するだけでなく、友人になったり交流することで色々な学びがあります。

これらの国に続き、近年名前があがるようになった国はフィリピン、シンガポールなどです。アジア圏で、英語が公用語になっている国です。なぜ注目されるようになったかというとまず日本からの距離、特にフィリピンにおいてはその学費の割安感で人気があります。また、アジア圏でありながら英語人口は世界3位ともいわれています。長期に渡る滞在の場合は為替の影響も受けますので、経済的にも有利に働くアジア圏への留学を検討する人が増加した要因の一つとなっています。
アメリカ留学をするならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *