留学と持参したい日本の食べ物

海外留学をすると目新しい食べ物は楽しいですが、そのうちに日本食が恋しくなります。

ですが留学先で日本食を購入しようとすると、価格がかなり高くなります。そればかりか、そもそも日本食を見つけるのも大変です。留学先で日本食のホームシックにかからないように、手軽な日本食は荷物として持っていったほうが落ち着きます。海外に行ったらお母さんの日本食が恋しくなりますし、普通に食べていた味噌汁だって飲みたくなります。そこでもっているものとして、インスタント味噌汁は必ず持参したほうがいいです。

インスタントならばかさばりませんし、なんだったらホームステイ先へのお土産としても喜ばれます。ほかにも日本食で即席の代表選手として、カップラーメンやふりかけも持っていきましょう。カップラーメンは海外にも販売はしていますが、海外で日本製のカップラーメンを買おうとすると、日本国内で購入するよりも、2倍や3倍の金額になるのはザラですので、海外では高級食材になってしまいます。

日本のスーパーで、特売などで安く購入して海外に持参したほうがいいです。海外に行くならば、日本の和菓子も持っていくと、海外で寂しい時にも和菓子を食べてホッと一息つくことができます。中でも何故か外人に人気なのは柿ピーであり、日本人での落ち着く美味しさですが、これも海外にお土産で持参するとかなり喜ばれます。お菓子の商品の費用も安いですから、海外で配るにもいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *