留学の準備は早めを心がける

年々その種類やコース、プログラムが多様化し、選択の幅を広めている留学です。

この現状と同時に、渡航する本人が行う準備のスタート時期をしっかりと設定して、早め早めの行動を起こす必要があります。この準備には、プラン立てや渡航先の決定、渡航の準備(航空券の手配、滞在先の確保、各種ビザの取得)も含まれています。この準備を怠るとあとあとの出発に影響が出てきます。例えは、留学中の滞在先の手配や確保は渡航先を決定する段階で決断しなければなりません。その渡航先じたいも、滞在期間にもよりますがせめて3ヶ月前には決めておくとよいでしょう。

というのは、とくに夏休休みや春休みの期間などに留学が重なってしまうと、その滞在先ももちろん混み合います。人気のある寮などは部屋数が多くあるとは限りません。希望する滞在プランを選択できないという恐れもあるのです。より満足のできる渡航を計画するためには、この決定にも早めの準備は必要となります。さらに重要なことは、ビザの手配です。留学期間によっては取得の必要がない可能性もありますが、必要となった場合は約3から4カ月の期間が必要です。

パスポートを入手することから始める方もいるでしょう。提出しなければならない書類をあらゆるところから集め、大使館へ送ります。ここで提出をした書類に不備があった場合には、再度提出を求められ時間がさらにかかってしまします。また、その後、面接をするというステップがある場合もあります。このような段階を踏むため、余裕を持って準備に取り掛かりましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *