目線を変えた語学留学のススメ

将来、様々な目標を持って海外で学ぶことを考えている方は増えています。

しかし、予算の問題や、生活習慣の違い、学校選びなどで迷うことも多いのが海外留学です。また、一見華やかで楽しそうに見える留学ですが、実は欧米人の観念は日本人とは違うため、現地で孤立してしまいホームシックにかかる学生方も少なくありません。そこで、少し目線を変えた語学留学をお勧めいたします。例えば、英会話を学びたい、という目的があるとついアメリカ、カナダ、イギリスを連想しますが、それではイギリスの物価の高さやいきなり遠方のアメリカ、カナダの長期滞在に不安を感じる方も少なくないと思います。

しかし、日本から比較的近いアジアの国でも英語を学ぶことは可能なのです。香港、フィリピン、マレーシア、シンガポールなどでは、人々は学校教育、生活全般で英語を使用しています。現在、交換留学制度もありますし、個人的に語学学校を探すことも可能です。アジア諸国なら日本から遠くなく、予算に関しても通貨レート、当地の物価などからも比較的無理のないプランが立てられます。

アジア諸国への留学は、日本人にとって習慣や人々の考えなどの大きな違いを感じずに日々の生活を送りやすいことが利点と言えます。よって、住む地域や学校で友達も作りやすく、勉強に集中できる環境と言えます。経済成長著しい諸国で経済観念、政治意識を経験するのも、今後学んだ語学を活かした将来の目標を得るヒントになるかもしれません。学んだ語学や生活で培った独立心を活かし、その後欧米でさらにブラッシュアップも可能です。一つの言葉を通じて様々な国の生活を経験することで本来の語学の意義や将来設計の基盤固めのヒントも得られます。ご興味をお持ちになりましたら是非ご検討ください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *