就職活動のための留学

留学には数多くの利点があります。

それらは、その後の就職活動などにも影響のある、重要なものです。まず、社会的な見聞が広がるので、視野が広くなります。日本に暮らしている場合、ある程度の生活は保障されています。しかし、外国によってはそうでない国も多いのです。スラム等、近付いてはいけない地域が存在していることも多く、それらについての現地の考え方を知ることが出来るでしょう。ただし、見聞を広げるためにスラムへ行くのはお勧めできません。

注意しましょう。英語圏の国へ行くのであれば、語学的に有効になる場合があります。就職活動では、留学経験があるならば英語がある程度喋れると判断する人もいます。実際にはほとんど喋れなくとも、他の就活者と比べて非常に有利です。例えば、TOEICなどの高点数保持者でも、実務で使いこなすことができない人も多いのです。一方で、留学は実践です。企業に対する有効度はこちらの方が大きいといえるでしょう。

もちろん、両方あればさらに有効なのは言うまでもないです。しかし、これらは就職活動にわずかに有利、という程度でしかありません。最も重要なのは、そこで何をしたか、です。就職活動を前提に考えるならば、避けることはできません。勉強するだけならば、日本でもできます。そして、受け身の姿勢では意味がないのです。今の企業は主体性を求めています。つまり、目的を持った上での留学をする必要があるのです。海外でしかできない行動、そしてその経験。それこそが、就職活動で本当に意味のある留学です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *