建築家を目指す人は海外留学がおすすめ

建築学を究めるためには、技術面だけでなく感性的な芸術にも精通しなければなりません。

海外では建築を総合的に学習する環境が整っています。最近はと都市化が広がって環境を守るという意識が高まっているので、環境工学は欠かせません。環境工学が発達しているのはアメリカで、ヨーロッパでは街の景観を崩さないようにトータルコーディネートを重視します。

アメリカのシカゴは30階建て以上の建物が始めて建てられたことで有名ですが、独自のセンスや使用方法に応じたデザインでマーケットを拡大する商業的な側面を留学を通して発見できます。海外に留学すれば、デザインやアートの本場に触れることができます。モダンアートはアメリカが発祥で、優れた芸術センスを感じさせる建築物を間近で見ることは自分の感性を磨くことになります。

140カ国から留学生を受け入れているため、バックグラウンドの異なる同年代の若者との交流も刺激になります。広大な土地はトータルコーディネートにも役立ちます。日本国内では広い土地を使うことがほとんどありませんが、アメリカでは東京ドーム3個分のスペースを確保することが簡単で、日本にいれば考えもしない土地の活用法を学べます。ヨーロッパでは伝統的な町並みを残しながら、地域を活性化するために観光対策をしたりアクティビティなどのプロジェクトを推進しています。建築物はその一つの要素で、コンセプトに沿った空間デザインを勉強できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *