留学先はアメリカとイギリスのどちらが良いのか

アメリカとイギリスは人気のある留学先です。

アメリカとイギリスのどちらに留学するのが良いのか決めるのは難しいですが、一般的な考え方に基づけば、アメリカの方が良いと言えます。現在世界中で使われているのはアメリカの英語です。アメリカに行けば、アメリカの英語をマスターできるので、世界で通じる英語を身に付けることができます。イギリスの英語も悪くないのですが、あまり一般的ではありません。

アメリカに留学すれば、アメリカの文化や経済を学べると言うメリットもあります。最近はややその威光が衰えつつありますが、それでもアメリカは世界でナンバーワンの超大国です。そういった国で一定の期間生活することは、現代の国際社会を形作っている多くの要素を学ぶことにつながります。アメリカは人種のるつぼと呼ばれる国であり、アメリカで生活すれば、世界中のいろいろな国の人達とつながりを持つことが可能になります。これもアメリカに留学するメリットの一つになります。

アメリカのことばかり書いてきましたが、イギリスに留学するのも悪いことではありません。イギリスにはイギリスの良さがあります。アメリカにくらべて、治安が良いのは大きな魅力の一つです。またイギリス人は島国で暮らしているので、日本人と似た気質を持っていると言われています。アメリカ人よりはイギリス人の方が日本人にとっては親しみやすいでしょう。ただし英語という点から考えると、イギリス流の英語を身に付けることになり、それはアメリカの英語にくらべて世界中で広く受け入れられているわけではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *