アメリカに留学する前に海外旅行保険の加入を忘れずに

留学目的でアメリカに渡航する際には、長期の旅行や出張などの場合と同様に海外旅行保険への加入が不可欠です。

海外旅行保険とは、国外滞在中にトラブルに遭遇し、その解決の過程で金銭的な負担が発生する場合に補償金が出て負担を軽減させることができる保険で、国内の損害保険会社の大半が取り扱っています。病気にかかったときや事故などで怪我をしてしまったときだけでなく、日本から持ってきた物が壊れた場合や、他人のものを損傷させて損害賠償責任が生じた場合など、補償金が出るケースは多岐にわたっています。

海外旅行保険に加入するタイミングは、当然のことながらアメリカ留学に出発する前がベストです。もし、すでに何らかの保険に加入しているのであれば、カバーされている内容がアメリカでの留学生活において十分なものかどうかを確認し、必要であれば保険の内容を変更してから海外旅行保険に入ると良いでしょう。

また、海外旅行保険の中には国外の教育機関に長期間在籍する場合に必要とみられるものに特化した商品もあり、加入する保険選びに迷っているのであればこのようなタイプのものの中から選ぶと良いです。旅行傷害保険において特にかけておきたいのは携行品損害ですが、体力に不安がある人や持病を抱えている人は治療費用に関する部分も手厚くしておいた方が良いです。米国の病院にかかると、病気や怪我の程度によっては莫大な治療費がかかり、保険が無いとカバーするのが非常に困難であるためです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *