社会人でもアメリカに留学したい!

社会人になってからアメリカに留学したいと思う人が近年増えているようです。

社会人になってから学びの面白さに目覚め、その分野の先駆者がアメリカであったなど、留学をしたいと思う人の動機はさまざまあるようです。ただ、社会人になってからアメリカに留学するというのは、時間の制約や費用面などいろいろと気になることがあるでしょう。まず気になるのが、仕事をどうするかという点です。実際問題、留学するために今の仕事はやめるという人がほとんどですが、帰ってきてからのビジョンを明確にすることにより、帰国後に仕事を見つけられないという不安を多少和らげることができるでしょう。

少なくとも帰国後のことを何も考えずに行くのはやめておくことが無難です。もう一つ、気になる大きなポイントとして費用がどのくらい必要なのかという点もあるでしょう。現地に滞在する期間や学ぶ内容などにもよって異なるので一概にいくらとは言い切れませんが、日本で生活するときに必要な費用などの倍は見積もっておく必要があります。

アメリカで家を借りたり、学びたいことのスクールに通ったりなどといった際には額面以外にもいろいろな手数料などが付き物です。また、食材が安く購入できるスーパーなども見つけておかないと食費もばかになりません。そして光熱費も日本の計算方法などと違い、いろいろな点で日本の常識を捨てて計算しなければなりません。アメリカに留学する際には、学びたいこと以外にも入念な下調べが必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *