高カロリー食の多いアメリカ留学で太らないために

和食は低カロリーのイメージですが、食べ過ぎれば太りますし、日本にいても毎日和食なわけではありません。

飽食の時代を駆け抜ける現代人にとって、肥満は悩みの種ですが、アメリカ留学をするにあたり、太らない意識も必要です。日本食は健康的な調理法と食材を使いますが、海外では調理法やボリュームが違います。肥満大国とも言われるようになったアメリカですが、留学をしてまず驚くのは食事かもしれません。ハンバーガーショップで普通サイズを頼んでも、日本の普通サイズをはるかに超えた大きさです。

サッパリ料理はほとんどなく、パンやビザなどの小麦粉満載の食べ物、肉がメインになりますし調理法はたっぷりの油を使い味付けも濃く、量がとても多いので太らないはずがありません。基本的に食生活が違うので、アメリカ留学をして現地の人と、同じように同じだけ食べていたら、もともと小柄な日本人はあっという間に太ります。

ですが幸いなことにアメリカでは、ほとんど手に入らない食材はないくらい、ショップには様々な食材が売っているため、自炊をするのもひとつです。意識をしたいのが野菜であり、調理をするのが面倒でも、サラダの詰め合わせパックを買ったり、鍋に冷蔵庫の野菜を入れてスープにするなど工夫をすることは可能です。美味しいものが安価な値段で販売される国でもあるので、ついファーストフードに頼ることもありますが、時間や量にも意識をします。夜遅くには食べないとか、腹八分目で終わるなど、アメリカ留学で太らない方法を実践することです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *