• タブレットを業務用として使うメリットとは

    モバイル機器の発展は目覚ましく、ポケベルが連絡手段として流行したのが遠い昔に感じるほどです。



    携帯電話を経てスマートフォンになり、そしてタブレットへと進化しつつあるモバイル機器は、ビジネスの場でも大いに活用されています。


    では、タブレットを業務用として使うメリットとはなんでしょうか。

    これから導入を検討する企業も多いかと思いますが、ノートパソコンやスマートフォンとの違いと合わせてお話します。

    この機器を業務用として使う最大のメリットは、立って使えることでしょう。ノートパソコンもかなり薄く、軽くなってきてはいますが、やはりキーボードでの入力は必須となるので、立って使用することは難しくなります。

    しかし、タブレットならば片手で持って片手で操作できます。

    法人タブレットの情報を要約した情報サイトです。

    これは工場などの現場作業の報告用としてはぴったりだといえるでしょう。

    YOMIURI ONLINE情報探しのヒントをお教え致します。

    また、業務用としてのもう一つのメリットは、画面の大きさです。

    スマートフォンは検索などには便利なのですが、やはり画面が小さいのであまり商談などには向きません。
    ところがタブレットなら画面が大きいので、顧客に大きな画面で電子カタログの内容を見せることができます。
    しかも電子データならたくさんの資料を持ち運ぶ必要もないので、荷物がすっきりするというメリットもあります。動画を見せることができるので、紙のカタログよりもより実物に近いイメージを伝えることができるのも良いところです。


    また、商談後の営業報告などもインターネット経由で移動中などに行えるというメリットもあるのです。
    このように、タブレットは業務用としても様々なメリットを持っています。
    特に営業面の強化をしたい企業にとってはぴったりの機器と言えるのではないでしょうか。